2010年06月13日

映画『青い山脈』記念上映会@下関スカラ座シアター・ゼロ

今日6月13日は木暮実千代さんの二十回目のご命日。
昨日「語る会」があり、今日は記念上映会として下関スカラ座シアター・ゼロで木暮実千代さんが毎日映画コンクール女優助演賞に輝いた、名作『青い山脈』が上映されました。
満員の観客は、木暮実千代さんの母校・梅光女学院の同窓生の皆さまが多かったようでした。

さて、映画はやっぱりスクリーンで観るものですね。古い映画ですが、内容がとても明るい映画で、木暮実千代さんもはつらつとして美しく、とても楽しめました。ただ、今回の上映は『青い山脈』の前編だけでしたので、できれば後編も観たかった、というのが正直な感想です。(ほかの観客からもそんな声が聞かれましたが、前後編で三時間というのも、上映するほうも観るほうも大変!かもしれませんね)

さて、来年は、どんな映画が上映されるのでしょう?
後編を上映するのか、はたまた別の木暮実千代さん主演作品を上映するのか・・・。

楽しみに待ちたいと思います。
posted by fujisawam at 23:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

第二回木暮実千代さんを語る会@下関

いま下関に来ています。
「第二回木暮実千代さんを語る会」のスピーカーを務めたのです。講演のあとで会合を持って、16時半に閉会しました。

14時からの講演は13時半すぎから準備をはじめたのですが、パソコンがつながりにくく調整に手間取って10分おくれのスタート。しかし、持って行った木暮実千代さんの画像や年譜などをプロジェクターで写しながら説明できたことは、よかったのではないか、と思っています。ただ話しを聴くよりもなにか画像を見たりしながらのほうが聴く方も集中しやすいのではないかと思って、前夜急きょ年譜を追加で持参する準備をしたのでした。

年譜を見ながらのお話は、昭和17年のあたりで、講演終了の時間になり、その後のお話はいづれ、ということになりましたけれども、いまなぜ木暮実千代さんなのか、ということについてある程度はお話できたのではなかったかと思います。

梅光女学院で学んだキリスト教の教えが、木暮さんの
ゆたかな思いやりの精神を培ったことはたしかですし、さらに満州からの引き揚げのときの辛い体験が、一層、恵まれない子どもたちへの支援となって生涯の生き方の土台を築いた、とわたしは考えています。

木暮実千代さんの知られざる陰徳の精神を、多くの方に知ってもらいたい!と、あらためて感じています。

明日(もう今日の日付になりましたが)6月13日は、木暮さんの20回目のご命日。
そして、下関駅前の映画館では記念映画上映会が開かれます。
映画『青い山脈』。
前売券の売れ行き好調につき、一回の上映予定が二回制になったと聞きました。
とても楽しみにしています。


posted by fujisawam at 01:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月06日

「木暮実千代さんを語る会」(第二回)開催のご案内

昨年、「木暮実千代さんを語る会」が発足したことは以前このブログに書きました。
有志が集まって、木暮実千代さんを顕彰していく第一回目の会合でした(残念ながらわたしは出席していません)。

さて、第二回目の「語る会」について、ご案内が届きました。以下に詳細を記します。
今回は、わたしの講演もあります。(6月12日)
一般の方も少しは参加できる枠があるようですので、木暮実千代さんを愛する方、ぜひ下関へお運びください。今年は木暮さんが亡くなって20年目にあたるため、記念企画として『青い山脈』が上映されます。
(6月13日)

           記

日時 6月12日(土)14時から16時半
場所 下関市立近代先人顕彰館 田中絹代ぶんか館    ミニホール
予定 14時〜15時 講演 藤沢摩彌子
   15時〜16時半 顕彰会についての協議
   (13時〜14時 参加者の歓談&ぶんか館展示見    学会もあり)
会費 500円(資料代)

◎映画『青い山脈』上映会
日時 6月13日(日) 15時〜16時半
場所 下関駅前 シーモール2階 シアターゼロ
チケット 1000円
※映画チケットについては、売り切れる場合があるため、梅光学院企画地域貢献部へお問い合わせください。なお、12日の「語る会」への参加希望の方も同部へご連絡いただければと思います。
(tel 083-227-1011)


posted by fujisawam at 01:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月05日

木暮実千代さんの母校・梅光女学院新校舎竣工

大変ご無沙汰してしまいました。
季節は初夏。6月になりました。

ところで、5月の末、わたしの手元に一枚の写真入りはがきが届きました。送付してくれたのは下関市にある名門ミッションスクール梅光学院。このたび開学140周年記念事業の一環として梅光女学院高等学校・中学校新館が竣工した、という内容です。このブログをお読みいただいている方はおわかりでしょうが、木暮実千代さんの母校です。

木暮実千代さんが亡くなって今年でちょうど20年。ご命日も近づいています。6月13日がその命日なのです。

そんなときに、母校のあたらしい校舎が出来た、というお知らせ。とてもタイミングよいうれしいはがきでした。


IMG梅光学院新校ノ_0002.jpg
posted by fujisawam at 11:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月11日

田中絹代ぶんか館のこと

あっという間に五月になってしまいました。
とても素晴らしい五月晴れが続いています。
さわやか、というより、暑い日々です。
少し天気が崩れるようですが、またすぐに晴天に恵まれることでしょう。五月という月は本当に日の恵みを感じさせてくれる、ありがたい月だとしみじみ感じています。

木暮実千代さんのことについては、忘れることなく、日々考え、研究に余念がありません。
ブログの更新はしばらくの間できませんでしたが、さまざまな企画の下準備のさらにお手伝い、といった感じで、資料を探しだしたりすることも、行っています。

下記URLは、下関市に2月中旬オーブンしたばかりの、田中絹代ぶんか館のHP。この館の中に木暮実千代さんの資料も少し保存されています。
http://kinuyo-bunka.jp/

2月末に下関東ロータリークラブさんに招かれて講演をしたときに、オープン間もない田中絹代ぶんか館を訪れ、旧知の田中絹代メモリアル協会事務局長・河波茅子さんに館内を案内していただきました。木暮実千代さんが、田中絹代さんにあてた礼状は、私もはじめて拝見するものでしたが、達筆で文章も手際よくまとまっていて、木暮実千代さんという方の心根のやさしさ、女性らしさが偲ばれるいい資料と感動しました。

その田中絹代ぶんか館で、5月11日から8月29日まで、木暮実千代さん関連の資料も展示される、と伺いました。またお尋ねしてみたいと思います。
皆さんも、どうぞ一度お出かけください。
とても立派な記念館ですよ。



posted by fujisawam at 00:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする