2017年08月27日

『尾崎まゆみ歌集』現代短歌文庫132@砂子屋書房

20170827_165032.jpg20170827_184622.jpg

早稲田大学の同級生で、歌人の尾崎まゆみさんから歌集を送っていただいた。
もう何冊も歌集を出している、歌壇の重鎮のひとり、と言っていい存在だ。

大学時代から存在感があった。確か卒論は某詩人を選んだと記憶している。
その当時から「言葉」にたいしての感覚は鋭敏であった。
大学卒業後、神戸に住んで、塚本邦雄に師事し才能を開花させていったようだ。

ようだ、というのは、大学卒業後、しばらく交遊が途絶えていたから。
わたしはわたしで小説家を目指しながら、いろいろな方向性を探って、忙しかったからである。

あるころから、年賀状のやりとりが始まった。
彼女とおなじ歌人として活躍している早稲田の同級生鹿取未放さんとは親しく付き合っていたから、
鹿取さんから、尾崎さんの情報を得ていた。
一昨年であったか、東京で短歌関係のシンポジウムがあり、神戸から上京した尾崎さんと久しぶりに一言言葉を交わした。
会えば、大学時代と変わらない雰囲気で、40年あまりの「時」が吹っ飛んでいくようだった。

さて、本題。
今回の作品集は、現代短歌文庫のなかの一冊。素晴らしい活躍である。

本を開く前、最初の一首が何か。気になった。
もし、私が本を編むなら、最初の一首を何にするか。選びに選ぶからだ。

 『微熱海域』のなかの「協和音」の一首

  協和音 息をひそめて迎へたるさつきまつ
  花たちばなの香を

書き言葉と、音と、匂い、が満ちている一首であった。


☆藤沢摩彌子websiteはこちらから
↓ ↓ ↓



posted by fujisawam at 22:48| Comment(0) | 書評 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。