2015年02月18日

『機長!』『お洒落極道』ひさしぶりの書評二冊。

久々の投稿である。
白蓮以来。
およそ半年ぶりということになろうか。
いまNHKの朝ドラは、すでに別のドラマになっている。
その『マッサン』も、大好評のうちに3月末で終了する。
時の流れは早い。

ところで、今回も本の紹介である。
一冊目は、知人が関わっているので気になって読んだが、なかなか臨場感があって、読ませる本。
ANAの元機長によるドキュメンタリータッチの新書である。
タイトルは、そのまま『機長!』。
サブタイトルに〜飛行2万1456時間、きたえた翼に乗って〜とあるように、その長年にわたるキャプテンとしてのドラマの数々がこのホンには詰まっている。ちょっとほかにない内容なので、飛行機好きの方、筋書きのないドラマをお好みの方には、おススメである。
井上博著。廣済堂新書。800円+税。

20150215_212826.jpg

もう一冊も、凄い本だ。
わたしの高校の大先輩にあたる島地勝彦さんの新著。
タイトルがふるっている。『お洒落極道』。
「極道」とは読んで字の如し。お洒落道まっしぐらの人生そのままを書かれているようだ。
ようだ、というのは、まださわりだけしか読んでいないため。
これからじっくり読むつもりだが、島地さんの書かれた本ということで、姿かたちを知っている身からすれば、面白いものがぎっしり詰まっているお宝本であるに相違ない、と考えている。
元『週刊プレイボーイ』の名物編集長。柴田錬三郎、今東光、開高健、・・・。著名な作家たちとの数々の交流をひっさげ、編集者から作家に転進したつわものである。
現在は伊勢丹新宿店メンズ館8階にサロン・ド・シマジというコーナーも。
土日の午後一時からは(不定期かもしれないが)特別にバーを開いている。
開店して二年になるということだったが、わたし自身多忙をきわめていたため、なかなか訪れることができなかった。
つい先日、初めて出かけた。
想像以上にすてきな空間が広がっていた。
本はそこで求めたのである。

一読の価値があると、断言できるお洒落な本。
ぜひ、おススメさせていただきたい。
島地勝彦著。小学館。1,500円+税。

20150215_212543.jpg

posted by fujisawam at 23:46| Comment(0) | 書評 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。