2011年11月06日

船堀映画祭へ

すでに昨日のことになりましたが、船堀映画祭に行ってきました。
わたしの自宅から都営大江戸線で森下まで行き、都営新宿線に乗り換えると、意外に近い距離。
10時からスタートの、『べらんめえ芸者と大阪娘』に、なんとか間に合いました。
この映画祭の仕掛け人の一人であるkさんの教えてくれたように、木暮実千代さんが、重要な脇役で出演。その美しさは、中年の落ち着いた魅力として存在感にあふれていました。
朝早起きして、出かけた甲斐があったというものです。

わたしの基幹ブログ、「藤沢摩彌子あれこれ」に、もう少し詳しく書いています。
ご興味のむきは、ご覧ください。
posted by fujisawam at 02:27| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]