2010年07月03日

映画『夢と知りせば』の主題歌

先日、下関のある方から、素晴らしい贈り物を頂戴した話を書きました。
しかし、それがMDで、いまはあまり再生するレコーダーがない、ということも記しました。
実際、いただいても再生することができず、困ったな、といった感じで数日を過ごし、思い切って送り主に電話をかけたのでした。

送り主は、心豊かな方で、わたしの希望をすぐに聞き入れてくれ、MDをCDに変換したものを再送してくださいました。
そのCDが昨日の夜、わたしの手元に届いたのです。

さっそく、CDプレーヤーで、聴きました。・・・

その中味というのが、昭和27年1月8日封切りの松竹映画『夢と知りせば』の主題歌なのです。主演は木暮実千代さん。相手役に佐野周二さん。木暮実千代さんの役柄は日本舞踊の名手です。木暮実千代さんの美しい姿が話題となった、と送り主の解説には書いてありました。(残念ながら、この映画、観たことがありません。CDの送り主も、同様ということです)

さて、主題歌を歌っているのは近江俊郎と奈良光枝なのですが、そこにせりふが入っていて、その声が木暮実千代さんなのです。
その声の色っぽいこと!

おそらく木暮実千代さんが映画の主題歌にせりふを入れたのは、この作品が唯一のものだろう、と、懐メロを研究している送り主が解説しています。
それにしても大変貴重な資料を送っていただきました。

送り主は、下関市在住の山根徹さん。本業は福祉関係のお仕事をされている方ですが、懐メロ大好き、というめずらしい青年。
先日下関市で開かれた木暮実千代さんを語る会で知り合いました。
送ってくれた資料と一緒に、彼が出演したテレビ番組のDVDが入っていて、拝見したら、これが素敵な番組で見入ってしまいました。彼の懐メロに対する素晴らしい思い入れが語られていて、感動したのです。お年寄りの皆さん、ご年輩の皆さんに懐かしい歌で元気と勇気を運んでくれる、いまどきの若者とは思えない稀有な人材だと感心しています。

これからも、ますます、頑張ってほしいものです。
山根さん、本当にありがとうございました。

posted by fujisawam at 01:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/388805051
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック