2009年01月12日

大河ドラマ出演歴

木暮実千代さんの出演作品を調べていたら、NHK大河ドラマ出演は、一回のみ。昭和54(1979)年の『草燃える』右京局の役でした。

昭和54年といえば、木暮実千代さん61歳。病気がちで、映画、テレビ、舞台への出演も限られていたころだったかと思います。大河ドラマへ出た、といっても、おそらく出演シーンは少なかったと推測できます。
(どなたか、情報あったら、教えてください。)

ところで、なぜ大河ドラマについてのかかわりを書いたかというと、数日前、ケーブルテレビの時代劇専門チャンネル(有料放送)で、元NHKの松平定知さん解説による、記念すべきNHK大河ドラマ第一作「花の生涯」の第一回放映分を観たからでした。

昭和38年放映の『花の生涯』は、舟橋聖一原作、主演の井伊直弼役は、尾上松緑(二代目)でした。長野修繕役の佐田啓二、村山たか役の淡島千景の姿を観たとき、40数年まえにタイムスリップした気がしました。

松平さんの解説を聴いてわかったことがあります。
NHKで当時のフィルム保存があまり充実していないのは、なぜか、ということです。
今と違って、フィルムが目の玉が飛び出るくらい高額だったため、上書きしないと大変な出費であったため上書きをくりかえし、ついに保存できなかったということでした。NHKですらそのような状況ですから、他局でもおなじような状況だったのでしょう。

ですから、第一回大河ドラマ『花の生涯』でさえ、第一回放送分しか残っていないとのことなのでした。
そのなことにも、「時代性」がうかがえて、興味ある一時間でした。

木暮実千代さんが出演された『草燃える』のころには、フィルム保存状態も改善されてきていたでしょう。ぜひ、右京局役の木暮実千代さんを、拝見してみたいものです。

posted by fujisawam at 01:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/388804958
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック