2009年01月02日

2009年頭にあたって

あたらしい年の初めに、さっそく、基幹ブログ「藤沢摩彌子あれこれ 花々の日記」からの木暮実千代さん関連記事の引越し作業の続きを行いました。

1月1日の深夜にとりかかり、この「木暮実千代メモリアル」にアップしています。
行変えなど、うまくできていないところがあるかもしれませんが、ぜひご覧ください。
ひきつづき、引越し作業を続けていきます。
完成まで時間がかかるかもしれませんが、ゆっくりお待ちくださいね。

ところで、・・・
そのブログ引越し作業をしていて、記述の間違いに気づきました。京橋にある国立近代美術館フィルムセンターのことが頻繁にブログに登場するのですが、座席数が151と書いてきました。まえに電話でフィルムセンターに問い合わせたとき、たしかに151席と教えていただいたので、そのように書きましたが、それは小ホールの席数のようです。大ホールは、310席が正解です。
この場をお借りしして訂正いたします。

フィルムセンターに、よく木暮実千代さん出演の映画を観に出かけましたが、「ほとんど満席」ということは、300人くらいは、毎回木暮実千代さんを慕って映画を観に来ている、ということになります。

凄いことですよね!

わたしは数字に弱いため、151席ということだから、いつも130から140人くらいの入場者なのね、と思っていたのでしたが、数が倍以上でした!

木暮実千代さんが1990年に亡くなってから今年で19年になります。
けれども、映像の世界では、妖艶な美貌は衰えることなく、同時代を生きた方のみならず、若い方のあこがれの対象になっているのでしょう。

posted by fujisawam at 16:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/388804954
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック