2014年03月23日

米国アカデミー賞授賞式(BS再放送)

深夜何気なくBSをつけると、3月はじめに放映された米国アカデミー賞授賞式の光景が目に飛び込んできた。
昨日の夜のことである。
あまり遅い時間だったので、見ようかどうしようか迷っているうちに、面白いので、全部見てしまった。
司会者の女性のウイットに富んだ話術の見事さと、会場に居並ぶ絢爛豪華な俳優たちの華麗な衣装と存在感にもひかれた。

そして、助演女優賞のプレゼンターに、キム・ノヴァクの名前がコールされたときは、会場も興奮していたが、わたしも十分に驚いた。あのキム・ノヴァクが登場するなど思いもよらぬことだった。
いつもDVDを借りにいくTSUTAYA ROPPONNGI TOKYOでは、クラシック映画の棚にある名画に出演している大女優。調べると1933年2月生まれというから、相当な高齢だが、存在感はぴか一であった。

もしかしたら、プレゼンターとして男優も伝説的な方が登場するのでは、との期待に応えてくれたのが、シドニー・ポアチエの登場。会場内にポアチエが現れたときの、じわもすごいものがあった。
posted by fujisawam at 01:43| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月02日

ローレンス・オリビエの存在感@映画『嵐が丘』

古い映画のDVDを借りて観ることがある。
借りるのは、六本木TUTAYAか、六本木ヒルズのTUTAYA TOKYO ROPPONGIのどちらかの店である。
このところ観たなかで、ものすごく印象的だった映画を掲げたい。
モノクロの粗い画面だが、映画『嵐が丘』、ローレンス・オリビエの演技がじつに見事だった。
圧倒されながら全編見終わった。
舞台でも通用するほどの存在感。
そこにいるだけ(写っているだけ)で、観客の目と心をわしづかみにする力は、並大抵ではない。
おそろしいまでの演技力をもった俳優。
あらためてその凄さを感じさせられたことであった。

posted by fujisawam at 16:29| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする