2011年11月06日

船堀映画祭へ

すでに昨日のことになりましたが、船堀映画祭に行ってきました。
わたしの自宅から都営大江戸線で森下まで行き、都営新宿線に乗り換えると、意外に近い距離。
10時からスタートの、『べらんめえ芸者と大阪娘』に、なんとか間に合いました。
この映画祭の仕掛け人の一人であるkさんの教えてくれたように、木暮実千代さんが、重要な脇役で出演。その美しさは、中年の落ち着いた魅力として存在感にあふれていました。
朝早起きして、出かけた甲斐があったというものです。

わたしの基幹ブログ、「藤沢摩彌子あれこれ」に、もう少し詳しく書いています。
ご興味のむきは、ご覧ください。
posted by fujisawam at 02:27| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月02日

船堀映画祭開催11/4,5@タワーホール船堀

11月になりました。
今年の秋は、とても寒く、夏からの変わり目が烈しい感じで、体調を崩されている方も多いかと思います。わたしもかぜ気味で、調子がいまひとつといった一週間でしたが、すこし元気になっています。ただ、いつもそうですが、頗る忙しく、なかなかこの頁に記事を書くゆとりがなく、お読みいただいている方には申し訳なく思っております。

ところで、友人のkさんが企画された船堀映画祭が今年も開催されます。
「ご近所参加型」と銘打って、下町らしい飾らないなかにとても温かみのある映画のラインアップが、おしゃれです。ゲストも鈴木清順、淡路恵子といったビッグネームをはじめ多彩です。

上映映画のなかに、「べらんめえ芸者と大阪娘」というのがあって、そのなかに、木暮実千代さんが出演されているようです。ちょっと気になるので、行ってみようかと思います。

「ツィゴイネルワイゼン」「小川の辺」なども上映されます。面白そうな映画祭です。
ご近所の方もそうでない方も、ぜひお立ちよりください。
都営新宿線「船堀」駅前です。きれいなホールです。





posted by fujisawam at 23:42| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする