2010年12月31日

高峰秀子死す

12月28日女優の高峰秀子さんが亡くなりました。
享年86、肺がんでした。

今日12月31日のニュースでそれを知ったとき、もう少し生きていてくれるかと思っていたのに・・という悔恨の情がわき起こりました。

いつか会ってみたい方だったのです。

今年は、池部良さんも鬼籍に入られました。
できるだけはやめにインタビューしたい方には申し出をしなければ、とあらためて思っています。

今年のおさめに、とても悲しい話題です。
でも、だれでもいつかはたどる道。・・・

高峰さんのご冥福を心よりお祈り申し上げます。

posted by fujisawam at 23:45| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月30日

映画『熱砂の白蘭』感想

前にブログで紹介した映画『熱砂の白蘭』を観ました。木暮実千代さんの大ファンMさんからDVDを送っていただいて拝見したのです。
Mさんからは、半世紀以上まえの古い映画なので・・・、木暮実千代さんの美しさだけが際立っていた、・・・というメールをいただきました。

夕べ拝見しました。
たしかに、1951年の映画ですから画像は荒れて声もかすれ、ときどき画面が揺れるような映画。敗戦前の外地という場面設定ですが、セットもいま拝見するとチャチだな、と思います。しかし、当時の世相を考えると、それでもよく撮っている、と感じざるを得ません。
敗戦後、まだ世の中が安定していない時代の映画なのですもの。それは仕方ないことと思います。

木暮実千代さんは当時33歳。グラマラスな西洋風の美貌は素晴らしいものがあります。山村聡は過去のある男のかげりと野性味を漂わせ、池部良は複雑な青年将校のニヒルさを出していました。
それを観ることができたことだけでも収穫でした。

また、もうひとつの感慨がありました。
それは、ここには詳述しませんが、木暮実千代さんの原体験に基づくものとつながります。

いずれ何かのかたちで、ご案内できるかと思います。

・・・

今年一年間、ブログをご覧いただき、ありがとうございました。明日が31日ですが、ひと足早いご挨拶をさせていただきます。来年も、どうぞよろしくお願い申し上げます。良い年をお迎えくださいませ。

posted by fujisawam at 10:46| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月14日

『熱砂の白蘭』12/20オンエア

ご無沙汰しております。
めっきり寒くなり、今日は12/14、討ち入りの日。映画では、木暮実千代さんは大石内蔵助の妻・りく、また、浮橋太夫の役などを演じられていました。

さて、今日は『熱砂の白蘭』オンエア情報です。

木暮実千代さんの大ファンの男性Mさんからのメールで知りました。

衛星劇場で12/20朝7時20分からのオンエアとか。
1951年の映画で、木暮実千代さんが主演。共演は山村聡、そして先ごろ亡くなった池部良。モーパッサンの小説『脂肪の塊』の翻案です。戦前に『マリアのお雪』というタイトルで山田五十鈴さんが主演されていたようです。

いずれにしても、未見ですので、楽しみです。
木暮実千代さんと池部良さんが描かれた当時のパンフレットが手元にあります。
木暮実千代さんは大変な美貌ですし、池部さんは苦みばしったいい男です。

前にアップしていましたが、オンエア記念にもう一度、パンフレットの表紙をお目にかけます。

姉妹ブログである「藤沢摩彌子あれこれ」にアップしているので、下記をクリックしてご覧ください。
http://blogs.dion.ne.jp/mayakof/pages/user/search/?keyword=%C7%AE%BA%BD%A4%CE%C7%F2%CD%F6



posted by fujisawam at 22:17| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする